9:00~18:00
定休日:日曜(4~2月) ・祝祭日 ※3月のみ無休です
2020年04月09日
関連業者

マンションタイプのインターネット工事

各お部屋への線の引き込みってどうやってるの?

実際に見たことのある方は

少ないかもしれませんね

 

お部屋への入居が決まり

インターネットのご案内をする時に

「既にお部屋への引き込みは済んでいるので

お申込みだけしてください」などと

説明するのですが

 

引き込みってどこからどうやって引込んでいるんだろう?

 

正直あまり考えてもいませんでしたが、、、

立会ってみて

初めて「ほ~」

こうやってるんだー

 

と興味深い作業であることを知りました

まるでカテーテルです

オレンジ色の細いワイヤ―(結構しっかりしたプラスチック状の)を

スルスルスルっと壁の中の

管の中にどんどん送り込んでいきます

 

どこまで送り込むのかと思って聞いてみると

「50mぐらいです」

へぇ、どこに届くのかな?

 

「ちょっと出てきます」

私もついて行ってみました

 

「なるほど~」

こんなところにドアがあったよ

PS(パイプスペース)その名の通り

電気や水、ガスなどのメーターが入っていたり

それがパイプに繋がっていて

使用量を量っている大事な機器類が納められている箱

とでもいいましょうか

 

インターネット回線は特別扱いの専用小部屋が

設けられていました

 

そこへオレンジ色のカテーテルが

ビヨ~んと飛び出してきていました

 

ここへ繋がっていたんだね君

なるほどー

インターネットというのは

ここから世界へとつながっているんですね

 

マンションタイプだから

ここを起点として各フロアのお部屋へ配線しているのでしょう

先ほどのオレンジ色のカテーテルの中には

更に細い線が入っており、それと

この小箱の白い線を結び

お部屋側からこの白い線をシュルシュルっと引っ張り込む作業が

行われました

 

仕上げは、お部屋に1台ずつ設置される

無線ルーターへとこの線を繋ぎます

 

無事設置工事が終了し、入居者様は

快適なネットライフを楽しめる

というわけです

 

ざっと1連の作業に30分もかからなかったぐらいでしょうか

 

工事完了のサインをタブレットに書き込み(今頃は

宅配でもタブレットへの自筆サインですね)

 

あざやかなカテーテルさばきとルーターへの

設定までしていただき

ありがとうございました!

 

下の階で作業車と待機されていた方も

お世話になりました!

arrow_upward