9:00~18:00
定休日:日曜(4~2月)  ※3月のみ無休です
2018年01月18日
Gardening

たまねぎのケア


寒中(1月初旬~下旬)の作業の一つです

 

元肥が足りない場合は

この時期に追肥をし、草木灰をまきます

 

既に春っぽい日差しの兆しを感じる時が

ありますが、草にとっても

春の準備が始まる時です

 

草は日差しを遮ると抑えられる


本当なら米のもみ殻を深めにまいて

その上に、隙間を埋めるように

ぬかをふりかけるのがベストです

 

要するに日光を遮り、草の光合成を奪うのが目的です

 

ぬかが風に飛ばされないよう

すぐ水をまんべんなくかけます

そうすることで表面がコーティングされますので

自然素材のマルチングのようなものです

 

かなり草防止になります

この記事を書いた人
難波 好江 ナンバ ヨシエ
難波 好江
生粋のおかやま大好き岡山県人です! 主にWeb担当をしています 駐車場と空家・空地管理のため 日々チャリ子で巡回活動です 半径2キロ圏内に物件が集中しているのですが 日焼けが気になるこの頃です
arrow_upward